目指せ!
箱根駅伝の新星。

   
学長メッセージ

学長メッセージ

芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロックは、2012年の箱根駅伝予選会への初出場以来、6年目の2018年1月には、関東学生連合メンバーとして本学史上初となる箱根駅伝本戦出場を果たしました。
学生たちは、授業や研究の合間を縫って練習を重ね、少しずつ実力をつけてきました。地道な努力が実を結び、出場する選手を輩出できたことは、本学にとって大きな喜びであり、希望となりました。

本学が、学業との両立を図りながら伝統ある箱根駅伝の本戦出場を目指すことは大きな挑戦です。志を掲げて高い目標を定め、挑戦し続けることで、これを達成したい。そのための支援体制も整えていきます。
また理工系大学として、このプロジェクトを通した研究テーマを掲げた取り組みを行い、科学的アプローチによるチャレンジも行っていきます。

芝浦工業大学は、学業とともに自らの夢を追いかける学生を応援していきます。そして2027年に迎える大学創立100周年に向けて、学生・教職員・卒業生・保護者が一つになり、この駅伝プロジェクトを推進していきます。

学長メッセージ        

箱根駅伝への
挑戦の歴史

芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロックは、2011年に結成し、箱根駅伝の出場に向けて活動を始めました。 平日は実験や実習が多く、学生たちはその合間を縫って練習に励んできました。練習場所も専用トラックなどはなく、大学周辺や近くの公園で行っています。 入部する学生は陸上初心者も多く、ランニングの基礎から始まります。そのようにして始まった箱根駅伝への挑戦。毎年少しずつ記録を伸ばし、2017年度の予選会では、2012年の初出場に比べて約50分もタイムを縮め、さらに関東学生連合チームに選出されて2018年1月2日には本学史上初となる箱根駅伝出場を果たしました。これにより、チームとして出場したいという思いがいっそう強くなり、学生たちはさらに意欲的に練習に取り組んでいます。 他大学に比べればまだ歴史は浅いかもしれませんが、成長著しい学生たちがこれから刻んでいく歴史のために、挑戦の記録を残していきます。

  • 2012.10.20(第89回予選会)

    総合時間 11:41:25

    予選会初出場 全45校中40位で完走

  • 2013.10.19(第90回予選会)

    総合時間 11:07:19

    2年連続2回目の出場 全44校中31位で完走。(過去最高)

  • 2014.10.18(第91回予選会)

    総合時間 11:09:10

    3年連続3回目の出場 全48校中33位で完走。

  • 2015.10.17(第92回予選会)

    総合時間 11:07:00

    4年連続4回目の出場 チーム自己ベスト記録を3分上回り全49校中33位で完走

  • 2016.10.15(第93回予選会)

    総合時間 11:03:58

    5年連続5回目の出場 全50校中31位で完走(過去最高タイ)

    12人の出場選手中8人が自己新記録を更新し、昨年度より記録を3分2秒更新

  • 2017.10.14(第94回予選会)

    総合時間 10:51:51

    6年連続6回目の出場 全49校中30位で完走。

    昨年記録したチーム最高記録を10分以上更新し、11時間を切るという目標達成。

  • 2018.01.02(箱根駅伝)

    本学史上初の本戦出場

    箱根駅伝関東学生連合チーム出場

    往路1区(大手町~鶴見)に、矢澤健太さん(土木工学科4年)が関東学生連合チームで本学史上初めての出場 自己ベストに近いペースで力走

目指せ!箱根駅伝の新星。

NEXT STEP 新たな仲間とその先へ