10月17日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会が陸上自衛隊立川駐屯地内で開催され、体育会陸上競技部駅伝ブロックが出場全46チーム中31位の結果を残しました。今年は感染予防を理由に一般の応援が無い中、雨天のコースを力走。11時間2分34秒の記録をマークしました。
昨年の11時間50分16秒から大幅に記録を短縮し、競技距離がハーフマラソン(21.0975km)に変更されて以降、最速のタイムとなりました。

個人としても、7人が本学の過去最高記録(第96回 1時間6分43秒)を上回る健闘ぶりで、チームトップの1時間3分4秒を記録した松川雅虎さん(デザイン工学科2年)は70位に位置しています。

目標の本戦出場には手が届きませんでしたが、好記録をマークした選手たちの、更なる活躍が期待されます。